税理士になるには?その道のりを知ろう

税理士になるまでの過程

税理士は、企業や個人事業主を主な顧客とし、節税のアドバイス、確定申告に関する手続き、各種税金に関する申告などを行う職業です。そのため、中小企業の経営者や自営業の人たちは様々な場面で税理士を頼ることとなります。
そんな税理士という仕事は非常にやりがいのある仕事だと言えます。専門性の高さから安定した収入を期待できるのも魅力です。
中には、そうした特徴を持つ税理士になりたいと考えている人もいるでしょう。そこで、当サイトでは税理士になるための方法、道のりを説明していきます。まず、簡単に税理士になるまでの過程について確認してみましょう。

国家試験合格で税理士になる

税理士になる方法は実は一つではありません。とはいえ、やはりもっとも一般的な方法としては国家試験を受験し、税理士になるというものです。一年に一回で行われる国家試験に無事合格できれば税理士の資格を得ることができます。この試験は誰でも受験できるわけではなく、学歴、職歴、資格などで一定の条件を満たしている場合にのみ認められます。
中でももっとも一般的なのは大卒です。大卒という学歴を持っていれば税理士の国家試験を受けることができます。もちろん、税理士の試験はかなりの難関であり、受験資格を有している人でも簡単に合格できるものではありません。数年というスパンでの合格を目指すのが一番多いケースとなります。

特定の資格を持っている場合には税理士登録が可能

国家試験に合格することだけが税理士になる方法ではありません。
税務に関する職場で一定期間以上働くことで、試験が免除されるという制度があるのです。税務署をはじめとした国税官公署で、23年以上勤務しており、かつ定められた研修を受けることで税理士として働くことが認められています。こうした方法で税理士になる人は実務経験をしっかりと積み重ねているため、活躍できるケースが多いです。ただし、この方法で税理士になるということは絶対に23年はかかるということですから、少しでも早く税理士として働きたいと考える人にはおすすめできません。
それ以外の方法としては、弁護士や公認会計士の資格を取得した人は、同時に税理士として働くことも認められています。

【Pick Up】労働問題を専門に取り扱う弁護士(東京・秋葉原)

更新情報

twitter & bookmark

      このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

税務と財務の基礎知識

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。